11月3日 西ブロックリーグ戦(Bチーム)

東俣野アローズのBチーム(四年生以外編成チーム)も西ブロックリーグ戦も残り2試合となりました。
西ブロックトーナメント戦の方は敗者復活戦も敗れて終了してしまいましたのでこのリーグ戦2試合で本年度の公式戦は終了になります。
さてこの日の試合は合同練習もよくさせていただいている気心の知れたチームとの対戦。

ん?
主力の四年生達が外野やベンチに下がっている?
相手チームも残り僅かの試合の中で来年春の大会を想定してのスターティングメンバー?
それとも我が東俣野アローズが四年生がいない現状への配慮なのでしょうか?

ま、ともかく相手チームの事をとやかく考える前に自分達のプレイに集中、集中!

夏頃から比べると選手たちの上達に嬉しくなる反面、それは相手チームも同じことだと思い知らされる展開に…
夏前にあった実力差が今なおとジワジワ顔を出してくる

1人投げ抜く3年生ピッチャーの子が肩で息をする。
何とか良いアドバイスはできないものかとベンチで苦悩します。
頼りにならないコーチの自分に自己嫌悪。
みんなしっかり声を出して奮闘も

敗戦…

リーグ戦1勝3敗で迎え残り2試合を勝利で終われば3勝3敗の勝率5割で終わる目標はもろくも崩れます。

涙する3年生ピッチャー

その姿を見て背中をポンと叩いて肩を抱く
「良いピッチングだった」
「次、がんばろう」
とかあえて言いません。
今のその悔しさをしっかり受け止めて
自分の力で克服できる子ですから!

さあ次は泣いても笑っても最終戦!
応援よろしくお願いします!